OngaLog

最近GOが楽しくて、

AWSでLoadBalancerを設定する。

AWSでLoadBalancerを設定してみた。

悩んだ、さてどうやるのか、、

Application Load Balancerを使用してみました。

f:id:loosefingers:20160921013658p:plain

何個か関門がありました。

ヘルスチェック関門

f:id:loosefingers:20160921005222p:plain

Instanceのヘルスチェックがいつまでたっても、

OutOfService

のままで、

InService

にならない。

どうやら、Laravelの設定でリダイレクトしていたのがどうやら原因ぽい。

ヘルスチェック専門のrouteを作成して、ここを抜ける。

Basic認証 関門

認証を通した後に 何度かリロードして通過した、なんだこれは、、

独自ドメイン関門

この記事が大変に参考になりました。 Route 53を使うのがいいらしい。

営業でも簡単!Route 53の基本設定 | サーバーワークス エンジニアブログ

alias機能でLBで取得したDomain Nameを設定してやります。

そして、記事のとうりネームサーバー情報を更新して完了です。

もともとは、お名前.comで設定していたので そのネームサーバーを変更します。

f:id:loosefingers:20160921174703p:plain

digで確認する

dig <host name > ns

f:id:loosefingers:20160923014414p:plain

意外に時間がかかって、7時間ほどで確認できるようになった、 もっと早くDNSを浸透させる方法はあるものだろうか、、

ここに関しては、最初からAWSでDNSを設定するのがどうも吉。

しかし、httpsの設定もCertificate Managerから無料でできたり、便利な事この上ない。

あとは、がんがんアプリを作っていけばいいですね。

f:id:loosefingers:20160923014652p:plain